開業した際、企業のホームページを作ってもらうだけでは絶対にダメな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:mogemogewo:20171009095324j:plain

最近実は身近なところのホームページ作成依頼を受けています。まだまだスキル足らずではありますが、逆に勉強することが多いです。

どうも、モげをです。

さて、僕みたいなブログオンリーで収益を上げようとする人、一番困る部分は収益点です。自社のサービスがあれば、そこに誘導するようにすれば良いのですが・・・それが整っている職業は正直うらやましいです。

事業収入の目的

ブログを趣味でやっている、サイト運営などを仕事の傍らやって自己満で運営しているなどは全く話が変わってきますが普通に収益化するのが目的でこれらをやろうとすると、必ず収益点が必要となります。

現状僕の知る限りで言えば4つくらいが大きな柱となるのかな?と思っています。

  1. 広告収入
  2. アフィリエイト
  3. 自社教材・サービス
  4. 塾・コンサルティング

こんな感じでしょう。最終的に企業からの広告掲載依頼や商品紹介依頼などくれば、中々に収益が安定するといえますがそこまでの発信力や媒体の強さが必要になってきますね。ただでさえ、アクセスアップするのは難しいです。このブログのように一応テーマは稼ぐこと。個人事業主や経営者に響くようにと考えていますが、まあそこまで深くやってません。笑

本来個人事業主・経営者をターゲットにするのであれば、その人達が一番望むであろう情報を書き綴ったほうが良いと思っています。例えばですが、先日もチラッと書いた税金関係のお話。そして法人化したら何がお得で何にお金がかかるか?など。クレジットカードを上手く活用してポイントを得る方法もありますし、狙ったタイトルとキーワードを選定すれば、良質なコンテンツは書けるでしょう。

ただその戦略やキーワード選定、そしてライバル状況把握などそれにすら膨大な時間がかかります。で、その膨大な時間をかけてどう収益化に結びつけるかハッキリしてないと時間をかけれないというのが本音です。

仮に僕が経営コンサルタントだとして、様々な中小企業の業績を上げてきた実力者だとしましょう。そうなると、それが収益点です。個人事業主や経営者に響く記事を沢山作成して、その上で更にアドバイスを・・・という流れでコンサルティングが控えていると。

サイトから収益を上げるということは、少なからずこのような収益点にどう持っていくかが鍵だと思っています。

中小企業のホームページの実態

ほぼ全ての企業、会社が自社のホームページを所有していることでしょう。僕の税理士さんや社労士さん、知り合いの不動産社長も含め関わった人のほとんどがホームページを持っています。ただですね・・・ホームページを持っているだけでは何の意味もないということです。

外注するのは良いことです。プロに作ってもらったほうが早いし、間違いないでしょう。ただし、ホームページからの集客効果やアクセスがどれくらいあり、お問合わせがどのくらいあるのか解析する必要があるということ。ほとんどの会社・企業がこれを全く気にしてない状況だと思っています。

ここ最近僕が一番思うことです。

良いサービスがあるのに、後集客するだけなのに・・・。

僕は物販の教材やコンサルティングもやっていますが、大々的には募集していません。それは、まだまだそのサービスが整ってないと思うから。コンサルティングならば、契約書からヒアリングシートなど事前に整った状態でやるのと、フワフワと質問を続けるのでは全く質が違ってきます。

ただ今後はネットコンサルティングも含め、大々的にやっていきたいなーという願望はあります。もしそのサービスが出来上がった時は・・・運営ブログ・メルマガで一斉告知が出来るというのが僕の強みです。因みに中小企業、10人以下の規模だったら、1日のPV(ページビュー)は20~100とのこと。

1日20PV・・・そして良い時で1日100PVかぁ・・・。

このブログでさえ、ただ毎日それっぽいことを書いているだけでも1日200PV以上はあります。それを伝えるとやはり殆どの社長さんが驚かれます。確かに僕が大きくサービスを作ったとしたら全国規模の展開ですね。地方の専属だと中々に狙った人だけを集客するのは難しいでしょう。

ただホームページの実態がそのくらいのアクセスであれば、大金で作ってもらう必要あるのか?くらい思ってしまいます。アクセスが少なくても問い合わせがポツポツくるのであれば、アクセスさえ伸ばせばいいだけの話。その方法がわからないから結局放置されて集客に悩む。

勿体無いな~。

そんな企業が非常に多い

僕は元々働いていたわけでもありませんし、元スロプロからネット世界に飛び込んだので普通じゃありません。ただわかることは、ネット系の勉強を続けて3年。サービスが整いさえすれば、集客はやりようだなということ。莫大なアクセスがあり広告収入も憧れますがね^^;

ただそれなりの金額のサービスでも、しっかりと導線を引いて満足出来るものを提供できるのであれば、アクセスは少なくともチャンスはあるでしょう。

いろんな方とお話をする上で感じたことです。特に地方企業に関しては結構そんな話を聞きます。いずれはそういった方々に向けてウェブの集客コンサル、解析なども事業にやっていけたらな~と心の片隅に思った日々でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*