貯金があるなら投資に回せ!投資がわからないのなら物販を学べ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:mogemogewo:20170913181217j:plain

世の中の流れは定期預金。

どうも、モげをです。

30歳をこえてくると、それなりに貯金をしている人、将来のためにとコツコツ貯まっている人も多いでしょう。

貯金額よりも増やす意識が大切

今回はこちらの記事を参考にさせていただきましたが、30歳の平均的な貯金額は一体いくらなのでしょうか?

news.cardmics.com

簡単に纏めると、1/3の人は貯金がなく平均でも200万円以上貯金できていたら良い方・・・という感じでしょうね。これはご自身の年収や副収入にて変わってくることでしょうが、稼ぐことに執着しているかがポイントとなるでしょう。

個人的に貯金額を聞いても、ないと言われても全く驚かないですし逆にあればあるほど寝かせておくのは勿体無いと感じています。投資・・・となれば多少リスクを含むものです。ただし100万円でも余剰金があるのであれば絶対に勉強すべきだと思っています。

投資をしたいなら物販を学べ!

僕は今現在、会社運営しているわけですが、物販やネット事業をメインとして成り立っています。あとスロットも。どれも個人で稼ぐ力から発展していったものですね。

でですね、この中で一番可能性があるのはやはりネット事業。サイト運営だけで毎月数百万の利益を出すことは十分可能と思っていますし、それを目指して日々伸ばしていく作業をやっています。ただ商売の本質を学ぶのであればやはり物販をやっておくべきだと思っています。

その理由を何点かお伝えします。

投資の基本は「売買」

投資といって思い浮かべることは株・FX・不動産・仮想通貨などでしょうか?

これら全ては売買で取引が成り立っています。自分のお金を使い、価値ある会社の株を保有する。そして売り時を見極めて利益を得る。これらの投資方法ですがやはり失敗するイメージが強いです。

それは何故かと言うと大前提の売買を分かっていないからだと思っています。

例えば価値があがるであろう株を買い続けてたら下がる時期はあるにせよ、8割方的中くらいにはいけるでしょう。ですが、毎回の投資額は違うわけですし一番重要なポイントは売り時ですね。売り時が定まっていないから変に欲張って結局損をするという王道パターンでしょう・・・・。

このような采配や売り抜くべき時期などまさに物販で考えること。それを年間で考えると僕の規模でも数千点の商品で考えているわけです。自然と感覚が分かってきます。

投資は物販でも可能

結局は価値があがるのを見越してお金を突っ込むというのが投資。少額であれば、わざわざ株やFXなどに突っ込まなくても価値の上がりそうな商品を寝かせるだけで十分かなと。もちろんスペースは必要となってきますのでそこはデメリットですが・・・。

多少経験はあると思いますが、小さい頃に集めていたビックリマンシール遊戯王カードがあり得ないくらい高値で売れた!などということ。

転売とは多少違い、お金を物に変えておき上がっていったその時期の適正相場で売るわけですからね。立派なプチ資産運用だと思っています。当然僕のところでも、このような寝かせを1年スパンでやったりしています。

借り入れ前提は絶対にオススメしない

という感じで、余剰金が10万円しかなくてもそれを増やす方法はいくらでも存在します。1年間10万円が口座に眠っているくらいなら、手堅い商品に変えて置いて毎年の楽しみにするのもアリだと思っています。

不動産などは借り入れするが家賃収入でプラスなどという考えもありますが、無理してそのような手法を使う必要はないのかな・・・と個人的には思ってしまいます。そのようにしてコツコツと増やしていった資産が500万円、1000万円を越えていったところで、また別の投資を考えればいいかなと。

そこまで物販をやっていれば売買の本質も理解しているでしょうし、その時点で更にお金を増やせる力が身についているとなると非常に楽でしょう。

そういった目線で物販をやってみるのは非常にオススメです。最初は転売まがいでも良いと思っています。その経験から最終的に資産運用で得すればいいですからね。特に貯金が200万円にも満たない場合にこそ、勉強して増やすしかないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.