節約出来ない人はいつまでも稼げないお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:mogemogewo:20171020094741j:plain

節制こそ物事の基本。

どうも、モげをです。

ここ2年間の生活を振り返って、正直お金使いすぎた感があります。お金を使うべきところは別で考えて普段の生活は如何に節制出来るか考えるわけです。

自炊を久々にやって思ったこ

元々居酒屋の厨房に2年以上入っていたので、料理はある程度出来ます。20代前半や真ん中までは自分で何かオカズを作ってご飯を食べる生活をしていました。その点で考えると、普通よりも節約出来ていたのではないかなと思っています。

ただスロット生活が長くなり、金銭的にも余裕が出てくると自然と全て外食に変わっていったということです。これは実際悪いことではないのです。ただ僕はこのような考えで外食をしていました。

1時間料理するくらいなら、30分で出てくる外食の方が遥かに良い。30分時間があくので1000円得するようなものだ。

時間給で物事を考え始めたわけですね。スロットで稼いでいる時は、時給2000円~3000円は当たり前です。仮に僕自身がスロットに行けば最低でも時給2000円の働きが出来ると。そうなったら、わざわざ自炊して30分の時間を失うくらいなら外食するよってことです。

30分という時間を外食費で買ったという時間>お金と考えるようになってきたわけですね。タイムイズマネーです。

ですがそれをここ2年間くらい繰り返していましたが、ふと疑問に思いました。

毎日浮いた30分で果たして何をやっているのだろうか?ということに気付いたわけですね・・・。当然お金で時間を買っているわけですから、その浮いた時間仕事していないと全く意味がないわけです。思い返すと毎日30分浮いたら1ヶ月で15時間。1年で180時間、2年で360時間です。

自炊するより外食した方が500円高くなると仮定しましょう。すると1ヶ月の費用は15000円、年間にすると18万円・・・2年間だと36万円ですね。

・2年間で36万円時間を買った

・買った時間は360時間

ではその余った時間で36万円以上生み出すことが出来たのか?というところが問題です。お金持ちである人ほど、タクシーを使ったり外食を使ったり家政婦さんを雇ったりしているわけです。ただ時間が惜しいという事と面倒くさいという事は紙一重です。

正直浮いた時間で限界まで仕事をしてたわけではありません。ただマンガやアニメを見る時間が増えただけな気がします・・・。

という感じで最近は、スーパーで材料買って自炊生活に切り替えています。圧倒的にお金がかからないので正直ビビってます。笑

自己投資は言い訳

自己投資というのは自分の成長を見越して、自分に対して投資をするという考え方です。同じビジネスをやっている人と会って食事するのも投資です。そこで仮に食費がかかり、朝までコースだとして夜のお店まで連れて行かれたとしましょう。

付き合いで行くと大体は目上の方が出すということでしょうが、そういった関係になる以前の話ですね。普通に割り勘だと考えたら、それだけで数万円失くなるわけです。さらにそれが遠方で、交通費と宿泊費もかかっていたとします。すると、ビジネスの話をするために10万円近くのお金が失くなるということです。

ただそれをどう捉えるかの問題です。10万円払って、自分よりも何倍も稼いでいる人たちの話や考え方を直接聞けるのであれば安いものです。普段スカイプコンサルで5000円以上かかる人と丸2日間話しているだけで結構な額支払わないといけないですからね^^;

で、問題は自己投資だから・・・といって、こういった集まりに10回でも参加したら軽く100万円吹っ飛びますからね。正直半分は遊びやストレス解消みたいなものです。

結局投資して成長した後にどれだけ稼げるようになるかが最終目的です。正直ここ2年位の半分以上は遊びでお金を使っていた気もします^^;

引きこもって思ったこ

という感じで、2017年の春頃から約半年くらいあまり外に出なくて遠出はしていませんでした。

実際にノウハウや知識などはもう特に詰め込んでも仕方ないかなと思っているので、後は地道に行動して資産を増やすことが第一優先だと感じました。ただ有り難いことにスタッフが3名いるので、話し相手も毎日いるしみんなで飲みに行ったりスロットの話したりと楽しくやってます。

もしこれが1人だったら耐えられないだろうな~という気持ちもあるので、たまには人と会ってゆっくりと羽根を伸ばすことも必要でしょう。

ただ払うべきところは払う。自身の生活は節制する。その意識や感覚は稼ぎ額が飛び抜けない限り捨ててはいけないなと改めて感じました。自炊の方が美味しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 砂糖 より:

    いつも記事楽しみにしてます。
    僕は10年以上パチンコ、パチスロで食ってますが、モゲをさんと同じで外食で時間を買ってると自分では思っていたんですが、その時間をさらに稼働に当てれていたかは本当に微妙ですね。多分これは仕事が好きで好きでたまらない人には当てはまるのでしょうね。好きなことで食っていく。なかなか難しいです。

  2. 砂糖 より:

    あれ、モげをさんはモゲブロだからモゲをだと思ってました。間違えてすいません。汗

  3. mogemogewo より:

    砂糖さん
    さすがにパチプロ系で、節制のことを考える部類の人は少ないと思います。やはり一般的お給料より多いので払う金額が高くなるのは仕方がない事なのかなと^^;
    ですが冷静に考えるとたった2年間でおそらく数百万は手元に残せたなという感じがしたので、流石にある程度考えるようになりましたね。笑
    好きが仕事になれば、好きが嫌いになっていくんだと思います・・・。
    P.S
    「モげを」という名前だから「モゲブロ」「モゲルド」「モゲスロ」とサイト命名しました^^笑

  4. moo1119 より:

    非常によくわかります。
    うんうん、そうだよなぁと頷きながら読ませていただきました(^-^)

  5. mogemogewo より:

    カズタカさん
    共感頂きありがとうございます^^
    有言実行で、10月からはしっかりと節制してどれほど余裕が出るか見ていきたいと思っています。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください