水道代があまりにも高いので料金の相場や安くする方法を考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下水道
光熱費で一番負担にならない水道。

節水・節約を考えているわけではなく、またもや驚愕の数値が来ましたので、ビックリです。

どうも、モげをです。

今年の冬は寒いのは当然ですが、自炊をしているということと、スタッフの出入りが多いということで全体的に光熱費が上がってきました。

電気やガスに加えて最後の砦だった水道代まで結構請求が来るのでした・・・。

水道は会社など選べない?

水道会社
電気やガスに関しては、それぞれの会社を比較して選ぶことが出来ますが、水道に関しては地方の水道局での契約となりますので、特に選んで値段が変わるということはありません。

水道代の請求は2ヶ月ごとに行われていて、基本的には水道料金下水道使用量の2種類が合算されて請求されていますね。

水道料金 基本料金+従量料金
下水道使用料 基本料金+超過料金

このように基本料金が決まっており、余程特殊な環境や家出ない限り基本料金はそこまで高くないでしょう。

水道料金 約1500円+α
下水道使用料 約1500円+α

2ヶ月でとりあえず最低3000円くらいはどの家でも支払うことになるでしょう。

その基本料金にプラス使用量に応じてかかってくるということですね。

ということは、やはり水道代を安くするには節水を心掛けるしかないということになります。

節水できるポイント

節水 節約
普段の生活で水を使う場面をとりあえず考えてみました。

  • トイレ
  • お風呂
  • 洗濯機
  • 洗面所
  • 台所

それぞれの場所にて節水を意識することにより、毎月の負担額が減るとなれば少しずつでもやっていく必要はあるかなと思います。

トイレの節水

一回に流す量は、大小で管理されていますので、可能な限り小を使うということがまずは節水に繋がるでしょうね。

そして良く聞くのが、タンクに水を入れたペットボトルを入れてカサ増しをするという方法ですが、故障の原因にもなりますのでオススメ出来ないようです^^;

普通のトイレだったら節水型トイレに丸ごと変える作戦もありますが、賃貸だとそれは難しいと思いますので、このような簡単トイレ節水グッズもオススメです。

お風呂の節水

お風呂はためていますか?

シャワー派の人もいるでしょうが、僕は夏以外基本的にお風呂ためてゆっくりする派です。

そして実はシャワー流しっぱなしが一番水を消費しているのです。

それだったら、お風呂をためて、洗う時は基本的に浴槽のお湯を使って最後に軽く流すなどした方がお得になるということです。

15分以上シャワーを流している ためた方がお得
10分以内でシャワーが終わる シャワーがお得

男だったらそこまで長くシャワーを流していることはないですから、シャワーでもそこまで問題ないでしょうが女性の場合は浴槽に貯めたお湯を使った方が良いでしょうね。

ただし、個人的にはそこまで変わらないし洗っている最中にシッカリとシャワーを止めることを意識することが一番ではないでしょうか。

ストップボタンも付いており、水圧も調整できるシャワーヘッドに交換することはおすすめできます^^

洗濯機の節水

洗濯機の場合やれることは2つです。

節水してくれる良い洗濯機を購入するか、お風呂の残り湯を使うかでしょう。

もちろん洗う回数を減らすことが一番ですが、僕のところではおそらく週1くらいでしか洗濯していません^^;

お子さんがいたり、何かスポーツなどやっている場合には洗い物がドッサリ来るので下手したら毎日フル稼働しないといけない場合もありますよね。

そうなるとまとめ洗いをするといっても、いつもやっているよ!となってきますので、洗濯が多い人ほどどちらかの対策は取るべきでしょう。

流石に洗濯機を買い換えるとなると大掛かりになりますので、万能で使えるお風呂ポンプがあると良いでしょう。

1人暮らしだと使うことはないでしょうね^^;

洗面所の節水

顔を洗う、歯磨きをする洗面所ですが、こちらもシャワーと同じように水を流しっぱなしにしないということが一番大事です。

これといって対策らしい対策はあまりないみたいですね・・・気持ち程度ですが、蛇口に節水出来るシャワーを付けるなどでしょうね^^

台所の節水

台所は自炊をするのであれば、結構使うことが多いです。

最近僕も自炊をすることにより光熱費が水道代含め跳ね上がったことは間違いありません・・・。

台所では一番水を使う機会は洗い物でしょうね。

普段の料理のときは、水を使うことは仕方ないですが洗い物をする際には色々と工夫すべきです。

食事が終わったら大きな桶に水を貯めておき、その中に洗い物を突っ込むことをおすすめします。

どうしても汚れが固まったり乾燥すると洗う時に大変ですからね・・・。

そうやって水につけておくことにより、サッと洗えて自然と水を使わずに済むと思います^^

僕の家では、浄水器を使っていますが節水効果も見込めるので出来れば付けたいところですね。

カートリッジなど交換する必要はありますが、パスタ茹でる際などに多少は安心。

ミネラルウォーターなど毎回使うのはちょっとハードルが高いです^^;

支払いはクレジットで!

クレジット リボ払い 分割 一括
水道局によって支払い方法が決まっている場合もありますが、可能であればクレジットカードで決済することをおすすめします。

因みに僕のところでは2017年、年間で水道代が以下の通りで支払いました。

支払い金額
1月2月 6000円
3月4月 6000円
5月6月 7000円
7月8月 5000円
9月10月 6000円
11月12月 10000円
合計 40000円

僕のところではクレジット対応しておらず口座振替にしていますが、可能ならクレジット払いをおすすめします。

基本的にポイント還元が1%付いていることが多いので、何もしなくても400円お得。

微々たるものですが、チリも積もればですので一度聞いてみてはいかがでしょうか。

光熱費を浮かせるために

家計簿 光熱費
いかがでしたでしょうか?

今までは特に気にすることは無かったのですが、最近あまりにも光熱費が高いのでそれぞれ調べてみたわけです。

電気代があまりにも高いので節電や目的別の金額を調べてみた!

ガス代があまりにも高いので節約する方法とかかる費用を調べてみた!

ガストと電気に関しても色々と考えてみたので、合わせてご覧頂けると幸いです。

結局全てに通じることは意識を持つことと対策できるグッズを揃えること。

この2つさえ考えれば圧倒的に光熱費を落とすことが出来るでしょう。

これらの記事を参考に少しでも余裕を持ってもらえると幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください