ライバルが全国規模だと、分かる反面躊躇してしまうお話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライバル多いなぁ・・・。

どうも、モげをです。

最近ネットの戦略を考えることが多くなり、色々なテーマのサイトなど手がけているのですが、やはり人気なジャンルほどライバルが多いです。

そんなネット戦略のお話をしていきます。

まずは読者

基本的にネットでの集客というのは、自分が利益を得るためだったり自分の存在を見てもらうためにやっていることがほとんどです。

もし利益を考えていなくても、趣味でも見て欲しい気持ちがあり発信するわけですから、何かしら受け手にヒットするようなコンテンツを作成していかないといけません。

それはテーマやそれぞれの境遇に違っているので、別にわざわざ大きなことを考えなくても良いかと思います。

見られている人数が少なかったとしても、そのうちの数人がファンになってくれて、コメントをくれたり毎日見てくれるだけで嬉しいものです。

ということで一番最初に考えることは価値を与えるコンテンツを作成することです。

今日は「◯◯食べたよ~」などの記事を毎日書くのではなく、「◯◯食べたから◯◯の材料や調理法を考えてみた」という風に変えていくだけで全く受け手は違う印象を受けます。

僕も実際そこまで深く考えているわけではないですが、この考え方もこれからブログで集客や何かしらビジネスを考えているのであれば、役立つ知識ではないかなと思いながら記事を作成しています。

次にライバル

読者に伝わるようなコンテンツを作成することは前提でも、同じようなブログやサイトを作っている人がいるかもしれません。

そこで次に考えるべきはライバルの存在です。

もし自分が趣味で料理をやっていたとして、料理ブログを始めたとしましょう。

そうなると読者は料理を勉強したい人やレシピを知りたい人などになるでしょうか?

料理系のブログやサイトはライバル強いという印象ですし、レシピを知りたいなら「クックパッド」が有名です。

そして美味しいお店など知りたければ「食べログ」や「ホットペッパーグルメ」など最大手がひしめき合っていますよね・・・。

となると検索を狙って上位を目指すようなサイト形式はまず戦えないでしょう。

よほどマイナーな素材にこだわったり、郷土料理専門のブログなどアイデアを絞り出すと可能性は十分ありますが、似たようなサイトがないかチェックするのは必須と言えるでしょう。

最後に自分

これらを把握した上で、自分にはどのような強みがあり何が出来るのかを考えていきます。

特別なスキルや能力があれば別ですが、そんなもの一般人にはありません。

僕もブログを書いたり、サイトを複数運営していますが、スロプロなんて腐るほどいるし、ブロガーや経営者などもありふれています。

ただ僕の場合スロパチ×物販×ネット×組織という結構多岐に渡り現役で携わっています。

そこまでの独自性があれば、同じような環境にいる人は少ないと思うのでしょうがいかがでしょう?

少なくとも、僕の教材を購入してくれたりコンサルを受けてくれたりする人は「モげを」というブランドに対して投資してくれたと考えています。

実際どこのだれかも分からない人のサービスなんて使わないですよね^^;

もしブログの内容自体薄かったり、他と被っていても何かしらのブランド力を発揮すれば読者は集まるでしょうし、人気ブロガーになっていくわけですね。笑

その最たる例が芸能人ですね。

Twitterでちょっと呟いたとしても、それが一瞬でリツイートされお気に入りにも入れられます。

アメブロを更新すれば、ファンとしている層が多ければ多いほど一般人よりも集まりやすいのは当然ですね。

ただ同じように一般人でも、ネームバリューを育てていく方法が一番現実的な気がします。

でないと、ガチで数100万円サイトに投資しているプロのサイトがライバルになったりしますから^^;

ちょっとした愚痴でした

という感じで色々と考えながら事業を進めていっているつもりなのですが、中々に障害は多いです。笑

このブログでは、お金にまつわるテーマと経営のことも書いていこうかなと思っていましたが、まあライバルが整っていること^^;

店舗経営レシピブック

色々な業種の儲けや利益などを書いていくのも面白いな~と考えているとやはりこのようなガチっぽいサイトが出てきます。

こちらのサイトはipadを利用したPOSレジを販売している会社が運営しています。

上手ですよねー。笑

サイトのボリュームや検索を意識した記事の書き方など、勉強になりますが決してブロガーではなく企業が運営しているサイトですよね。

このようなライバルでは投資している金額が圧倒的に違います。

自分で書くなどでなく当然ライターさんを雇っているでしょうし、サイトレイアウトからバナーなども全てが外注ということです。

もちろんこれらにどのくらい費用を使っているかは大体でしか予想できないし、そのような強豪に勝つためには戦略や独自性を出していかないと正直厳しいですよね^^;

ということで、実店舗経営の話やそれにまつわる雑学などをテーマにしたければもっと深く何かに特化して書かないとな~と試行錯誤している段階です。

もちろん僕の場合はベースや目指している場所が高いので、個人だったらここまで考える必要はないと思います。

ただネット系の集客に関してはやはりライバルがいるということ。

そしてお金次第ではどうにでもなるということも覚えておくと良いでしょう。

となると、低資金で個人でやって利益を出したいのであればマイナージャンルを攻めたり独自性を意識してみてはいかがでしょうか^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください