どれだけの情報を仕入れて、どれを捨てて行くべきか見極める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は溢れ帰っている情報の中から、
いかに使えるものを吸収するかをお伝えします。

僕自身が学んでいる段階で多数のブログやメルマガを見てきました。

ただちゃんと稼いでいて余裕がある方々はほとんどが2種類のタイプ。

・本当に読むのが好きで沢山のブログやメルマガを読んでいる

・そもそも発信することや自分のことをやって情報を見ない

最終的にはこのどちらかに落ち着かないと、
情報を入れている意味がないと感じます。

それを僕がこれまで学んだ経験からお話をしていきます。

それでは、ご覧ください。

誰しもが学ぶ段階

dog-734689_640

僕自身もそうなのですが、
常に学ぶことが多くて多数の情報を入れたくなってしまいます。

当然僕のブログを含め、
ほか多数のブログやメルマガの情報を入れるとなるとそれだけで時間がかかってしまいます。

一時期は「情報こそ全てだ!!」と思い、多数のメルマガやコミュニティに参加したり、
誰よりも情報を入れていた記憶があります。

もちろんそれらがブログを書く際のネタであったり、
基盤になっていることは間違いないのですが・・・・
はっきり言って大半の情報はなくても良かったと思っています。

それは何故かというと、
自分1人でやるには限界があるからという単純な理由です。

せどりに関しては多数のジャンルノウハウや、
美味しい商品の情報がそこら中に転がっています。

ではそれらを全て自分の物にして実践することは可能でしょうか?

まず無理だと思っています。

ですので、
極端な話ですが「本せどり」を学んだのであれば、
「本せどり」を突き詰め付随する情報をいかに集めるかに特化するべきだと思うのです。

そこで数字と全体的な効率を考えて、
やはり本せどりだけでは足りないとなった時に初めて他の手法を会得するため情報を入れます。

そうやって段階を踏まないと、
各方面で未熟なままどんどん進んでいくと途中で間違いなく崩れます

それは僕自身が突き詰めて行った中で感じることですね。

結局今の僕が成り立っているのは、
信頼できる数名の教えだけが響いて進んでいる気がします。

言葉に惑わされるな

skeletal-601213_640

とはいっても情報が溢れかえっている中で、
どれが正しいのかということはまず判断出来ないと思います。

「家電量販店の仕入れがアツい!!」

となれば、量販店に行くでしょうし、

「在宅で完結するメルカリ仕入れがアツい!!」

といえばメルカリをやってみるでしょう。

そうなってくると人によって勧める手法は違うので全部アツいです。笑

ですので誰かが言ったからやるのではなく、
自分がやりたい・やるべきことをやる必要があります。

僕の場合は店舗せどりが苦で、家から出るよりも在宅が向いていたので、
明らかに電脳せどりや情報発信向きだと思いました。

だからこそ電脳せどりに関しては独学ですが、
多数の情報を入れ必死にやってきました。

電脳せどりが美味しい!!と言われたからでは決してありません。
自分が向かうべき方向と、電脳せどりの手法がマッチしたからですね^^

それこそ副業の方で在宅で稼ぎたい場合は、
そのような手法のみを探して実践すれば良いですし、
逆に家にいたくない方は店舗に行く方向で進んでいけば良いのです。

信じる人・信じる手法

away-1020278_640

ここまでの文章もあくまで僕自身がやってきて、
僕自身が思うことであって皆がそう思っているとは限りません。

ですのでこの方が言うのであれば・・・・
という信頼できる人を探していくのが一番だと思います。

そのためには他の方に評判を聞いてみるのもありですし、
色んなセミナーや会に参加して実際に話してみるのも良いでしょう。

それが上手く行く秘訣ではないかなと。

ただ見極める力は必要となります。

残念なことに情報発信と裏でやってることが全く違う。
仕入れしていないのにさも売上あがってますと言う方も中にはいます。

そういった方に付いて行ってしまうと、
残念ながら気づいた時には遅かった・・という話も聞きます。

分岐点で見極める力をつけて、
情報を捨てる覚悟を持って選んでいきましょう。

それが正解か不正解かはわかりませんが、
多数の情報に流されるよりは大分マシだと思います。

ちなみに僕自身はちょっと前から数人のメルマガだけとっていて、
ブログを見る機会も少なくなってきました。

それよりも自分のことで精一杯なだけですが、
情報を整理すると意外と時間が増えてやることがやれるようになった気がします^^

情報発信者が言うものですが、
情報は選んで取捨選択が必要ということですね!

最初は広く情報を受けることは必要ですが、成長していくにつれて絞っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください