無駄な記事を減らして将来的にアクセスを増やす記事の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PC アクセス

洗練されたものに価値がある。

どうも、モげをです。

ブログを毎日書いていると思うのですが、今このブログで最新記事を更新したら大体50人くらいの人が毎日見てくれています。

そうやって日常的に見てくれるのは非常にありがたいのですが、単発で終わる悲しさ、そしてどういったように記事を作成すればアクセスが上がるのかをお伝えしていきます。

雑記は日常的にしか見られない

先日ブログのアクセスについてこんな記事を書きました。

ブログでSEOを意識して検索される記事を書くなら雑記は必要ない?

このブログも、今読んでいるこの記事もそうですが、そこまでガチで検索を狙って書いているわけではありません。

というのも結構ガチで書くのであれば、最初からキーワードを選定してライバルサイトを把握。

そして内容やクオリティも高めていかないと、前提として上手くいかないということになってしまうのです^^;

ただ毎日楽しみに見てくれている読者さんのことを考えると、雑記的なノウハウ的な記事も悪くはないのかなと。

ただし、検索を意識する記事に関してはクオリティと狙ったキーワードで攻めていくしかありません。

狙ったキーワードと検索順位

ブログでは、とあるキーワードで自分の記事がどのくらいに表示されるかを見れる機能があります。

そちらに関してはちょっとだけ複雑な設定がいるので、調べてもらうのが一番はやいです。笑

僕がそこそこ記事を書いている、Amazonやせどりなどをテーマとした「モゲルド」で考えてみます。

このサイトはせどり系をメインとして書いていたのですが、アクセスの大半は「Amazon」を題材とした記事が検索上位にある傾向でした。

検索上位のキーワード例

Amazon 出品制限
Amazon 自己発送
amazon 仕組み 倉庫
FBA料金シミュレーター 使い方

こんな感じで数々のキーワードで上位表示をしていることは有難く、安定してアクセスがあるのはこの部分でしょうね^^;

ただよくよくそのキーワードを見ていると、せどりのことが上位に来ていないのです。

これは・・・と思いモゲルドの記事やクオリティなどを見返すと、確かにせどりノウハウという部分では全く気合を入れて書いてなかったのです^^;

今暇さえあれば、そういった過去記事の修正やリライトを繰り返していますが、やはりGoogleはシッカリと判断してくれているのだなということが身にしみてわかりました。

記事を纏めてテーマが被らないことが重要か?

最近モゲルドの方で大掛かりな修正をしましたが、その内容が10記事分くらいを1記事にまとめて読みやすくする作業でした。

【完全まとめ】Amazonせどりに必須!モノレートの見方・使い方

Amazonせどりをやる上で、相場を見れるサイト「モノレート」の解説記事となりますが、せどりの中ではビッグキーワードで誰しもが調べるキーワードです。

ただこのようなビッグキーワードは、やはりライバルが多い傾向にあります。

結構それで数年考えていたのですよね・・・せっかくならビッグキーワードで上位に表示されたいではありませんか^^;

そうやってたどり着いた結論が、モノレートというキーワードに対して記事が多すぎて検索が分散していた可能性が一番高かったのです。

それならモノレートというテーマに沿って、コレさえ見れば!という記事をボンッと置いておけば順位も上がるのではないだろうか?

そう思い完全に纏めて再アップしてみました。

どうなるかは、まだまだわかりませんが、ブラッシュアップの方向性が見えたので、ここ数ヶ月でスピード感を持って構築し直そうかなと考えています。

ライバルに諦めてもらうまでトコトンやる!

結局最後にたどり着くのはここですね。

ブログというのは、そのテーマごとに必ずライバルがいます。

せどりをテーマにしたブログも、僕が開設した当初の数倍にはなってきましたね。

元々が検索されるボリュームが少ないのに、それだけライバルが増加したら、せどり情報発信も飽和状態です。

ただ僕は多少人より早く始めて、クオリティも高くと試行錯誤してきたので、せどりブログの中では多少なりアクセスがある方なのかなと自負しています。

もし僕のサイトを見て戦おうと思っている人がいるなら勝てないと思わせたら勝ちという状態まで高めると良いだけのこと。

それが難しいから、戦略を立てて思いっきり取り組める時間とお金も必要となってくるでしょう。

結局結論としてはライバルが立ち入れないくらい高め続ける努力は必要だし、それだけ長く運営していると有利だということですね^^

情報発信の面白さ

中には読者を数字でしか見ておらず、上手く誘導するようなテクニックだけを使って中身の無いものを売るような手法も流行っています。

まあそれでも儲かってしまうから誰でも手を出したくなるのでしょうが^^;

ですが、こうやってブログを運営しているからこそ知れる情報や、出来た繋がりは大きいです。

信頼問題となりますが、長くやっていたり価値のあるコンテンツを提供し続けていれば、やはり見ている人にも気付いてもらえますからね^^

そんな感じでこのブログも、何だかんだで1年近く経ちそうなのですよね。

結果としてガッツリ検索を意識したほうが良いとわかってるのですが、まあ検索だけでなく、僕自身を知ってもらうためにも長く続けていこうと思っています。

やはり戦略や数字を読んで狙うというのが楽しいのだと自分でも思います^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. suzu より:

    検索では上位表示されるけど、滞在時間が極端に短い記事はブログの評価を下げてる感じがしますね(^^;
    逆に検索で上位表示されなくても、中身がある記事は徐々に評価されて、検索順位も上がってくイメージがあります。
    まあ、個人的な感覚ですがw

    1. モげを より:

      suzuさん

      結局内容の薄い日記だと滞在時間が短くて、それを繰り返すと結局低品質なコンテンツが多いということになってしまいますね。

      やはりある程度最初から戦略立てて高品質なコンテンツのみで構成するのが一番良い気がします。笑

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください