時間は限られているが本当にフルで仕事をしているか考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時間こそ全て。

どうも、モげをです。

自宅件事務所だと、とりあえずPCの前に座って何かしらの作業をしていることが多いです。

ただお昼はご飯休憩もとるし、夜は自炊を始めるのでスイッチオフになっています・・・。

2018年2ヶ月ちょっと経ちましたが若干怠けている感は否めません。笑

シビアなのは専業より副業の人?

僕みたいな専業でビジネスをやっている人は、やることが無限にあることはあるのですが、実際やらなくても良いのです。

ネットもそこそこ安定した収益があるし、物販とスロットに関してはバランスを見て人を動かすとやはりそれだけ利益になってきます。

正直1ヶ月僕が入院したとしてもヤバイですが、事業が全停止するってわけではないので安心^^

ですが、もっと大きく仕組みを作らないといけないといつも考えさせられます。

そうなると立ち止まっている暇などないのですが、気付いたら漫画読んだり、アニメ見たりしている時間を結構とっているような^^;

そう考えると、副業で何かしらのビジネスをやっている人は本当に凄いと思っています。

18時、19時までは基本的に本業があるでしょうし、それでもやっている人は1日2~3時間ぐらい作業の時間に充てています。

やっぱり稼げる人というのはどれだけ時間を使えるかってことです。

何かしら学ぶ際には3年間ぐらい止まること無く如何に全力でやれるかが肝になってくるでしょう。

一番やってたのはスロット専業時代

そういった意味では、パチンコ・スロットで生活をしているときが一番やってた感じはあります。

パチンコ屋は基本的に朝9時10時から毎日空いていて、夜の23時くらいまで営業していますよね。

1日の平均稼働時間は、やはり10時間近くになっていたことは間違いありません^^;

ただ肉体労働ということは間違いありませんし、時給換算すると2000円~3000円でそれを大幅に越えることは1人では難しいと言われています。

結局体や精神的な負担は多いかも知れませんが、やればやるほどお金が増えていくというのは今現状でも変わってないでしょう。

余程の贅沢をしない限り、1年以上やればまず間違いなく数百万円貯まるポテンシャルはあります。

そんな感じでシビアに稼働しながらブログを始めた際がピークでしたね。

23時位に家に帰ったら、毎日そこから2,3時間は平気でパソコンの前で勉強なり、ブログを書いていたりしていました。

そう考えると1ヶ月の稼ぐことに充てる時間は余裕で300時間を越えていたのではないでしょうか。

実際今それほどやっているかと言われると、間違いなく届いてないでしょうし、月の仕事時間と言っても頑張っても200時間くらいかな?

まあそれだけ時給が上がってきたのでしょうが、時給が上がったからと言ってフルで仕事するかはまた別の話。

今の環境に甘えてしまっている自分もいるなと反省しつつまだまだやることを消化していこうと思っています^^;

結局誰にでも時間はある

誰でも平等に1日は24時間という決まりがあります。

上手く行っている人や、成功している人は決して頭が良い人だけでなくどれほど努力したかということにもなるでしょう。

僕もどちらかと言うと、何事に置いても天才型ではありません。

テスト勉強なども表に出さず裏でガッツリやるタイプの人間ですからね。笑

結局なんにせよ、やり続けることと努力をヤメないことが稼ぐことに対して重要なのではないでしょうか。

どうせ家でボーっとしてるなら、パチンコ屋に行った方がマシなのかもしれませんね^^;

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.