住居

一軒家を借りるのとローンで中古物件を購入するのはどちらがお得?

中古 物件

中古 物件
一軒家を借りるのであれば、家賃もそこそこ高くなってきます。

それだといっその事中古物件を買った方が良いのか、とはいえ一括で買える人は中々いないでしょうし、ローンの審査もありますよね。

どうも、モげをです。

新しい事務所兼自宅を色々と探しているのですが、やはり中々良い物件が見つかりません。

そんな感じで探していると知り合いから賃貸じゃなく中古物件買えば?とアドバイス頂いたので、色々と調べてみました^^

一軒家の相場、都会は無理

都会 都心
新しい拠点として、会社の事務所として物件を探しているのですが、個人的にはやはり「事務所」と割り切ってそれっぽいところを借りるのではなく、住めるところが理想です。

となるとマンションやアパートでは厳しいですし、今の3DKではスタッフ含め4人なので少し手狭に感じてきました。

そんな感じで新しい拠点をどこに構えようか?という話で考えると関東・大阪・福岡の3箇所をリサーチしていくことにしましたね。

今の広島はどちらかと言えば田舎の方、広島市内から100km以上離れていますから^^;

だったら広島市内に・・・という考えもできますが、地元は元々福岡ですからね。

やはり住み慣れた生まれ育った環境の福岡を選択するか、それとも大阪・東京と上京して事業を拡大させることを考えるのか。

候補を絞った上で物件を探してみました。

東京 世田谷区

・中古一軒家
・4LDK
・家賃15万円~

埼玉 春日部市

・一軒家賃貸
・4LDK
・家賃8万円~

大阪 大阪市

・一軒家賃貸
・4LDK
・家賃12万円~

福岡 福岡市

・一軒家賃貸
・4LDK
・家賃12万円~

福岡 北九州市

・一軒家賃貸
・4LDK
・家賃8万円~

やはり東京は別格ですね・・・ただ余程の町中に住まない限り、12万円出せばどの地域でも良い物件はある感じでしょうね。

10万出せば多少田舎でも設備の整った良い暮らしが出来ることは間違いありません。

そう考えると、関東であれば埼玉や千葉などのちょっと外れた場所を選んだり、福岡なら福岡市ではなく北九州市を選ぶという選択肢も十分あるでしょう。

中古物件の相場とリフォーム代

リフォーム 修理
場所や設備にこだわらなければ、賃貸だと大体家賃10万円を想定していると良いでしょう。

ただそのくらいの金額になると、年間で120万円支払い、3年も住めば360万円かかってきます。

家賃が5万とかであれば間違いなく賃貸で問題ないでしょうが、一軒家の負担額を考えると中古物件をローンで購入したほうが良いのでは?という感覚になってきます。

東京 世田谷区

・中古一軒家
・4LDK
・2000万円~

埼玉 春日部市

・中古一軒家
・4LDK
・600万円~

大阪 大阪市

・中古一軒家
・4LDK
・400万円~

福岡 福岡市

・中古一軒家
・4LDK
・600万円~

福岡 北九州市

・中古一軒家
・4LDK
・250万円~

いや~高いですね。笑

いけたとしても、大阪の外れぐらいか本当に環境が悪い地域だったら安い印象です。

同じく福岡市ではなく北九州市であれば、人離れの影響で全体的に一軒家の家賃が安いでしょう。

仮に400万円くらいの中古物件を購入して、200万円使い綺麗にリフォームすると十分な環境になるのではないでしょうか?

5年間住めば10万家賃払うのと同じで、しかも家が残るわけですからね。

頭金100万くらい払って5年ローンとかでも十分ではないでしょうか!

固定資産税ってどのくらい?

固定資産税
固定資産税について色々と調べてみたのですが、正確にどのくらいって目安が書かれていないですね・・・ガチで不動産の方に聞いて記事作ってみようかな・・・笑

ということで、どのくらいかかるの?ということですがどんなに多くても年間20万行かないレベルかなと。中古物件で4LDKほどであれば場所によりますが年間10万円前後ということになるでしょうか?

結局買った金額が安いと、家と土地の価値が低いとされるので資産も安く見られるということ。

逆に新築のマンションを買ったり、それなりにいい場所に良い物件を買うとなればそれなりに払う金額は高くなってくるでしょうね。

ただ購入する金額やローンに比べればそこまで多くないのかなとも思いますが、賃貸と比べて月1万円近くアップする感覚でいればOKでしょう。

結論として賃貸と中古物件どっちがいい?

比較
結局結論としては、大阪の田舎の方、そして福岡でも北九州市の方などであれば中古物件を購入することも視野に入れた方が良いのかなと。

まあ僕は事業向けといいますか、会社用で探しているので条件が良いところがあれば10万円前後家賃がかかっても、賃貸を選ぶと思います。

家族の場合はマイホーム・・・欲しいでしょうからね。

住宅ローンもある程度働いていれば通るでしょうし、賃貸って選択肢は勿体無いかな~と思います。

ただ余程貯金があったり稼ぎがないのであれば、中古物件でうまく10年以内ローンに抑えたほうが、個人的にはリスク無く過ごせるのかなと感じています。

ローンって借金ですからね?

僕は今融資も借金も全く無いのでピンと来ないですが、将来本当に安定しているのか、今の職業がずっと続いているのかよーく考えてからマイホームを検討してみましょう^^;

賃貸にかかってくる管理費・共益費とは一体何に使われているのか?

管理費 共益費

管理費 共益費
敷礼を払い、家賃を毎月納めて更には良くわからない管理費までもかかってくる・・・何も知らないと損するばかりです。

どうも、モげをです。

賃貸によっては、管理費・共益費などがかかってくるマンションやアパートなどあるのではないでしょうか?

それって本当に必要ですか?

僕もわからなかったので、何に使われているのか調べてみました。

家賃に上乗せする理由

家賃 上乗せ
管理費や共益費は、アパートやマンションで共用の部分の清掃・維持費として使われています。

そして何故これらの費用が別途分けれられているかというと、家賃を安く見せるためだけです。

お店が税込み表示ではなく、税抜きで表示しているのと同じカラクリですね^^;

また、管理費を更にとるなんて勘弁してくれよ・・・と思うかもしれませんが、実は入居者のことも考えられています。

実際に家賃に含めても自由なわけですが、分けることによって、敷金・礼金も若干ですが安くなってくるのです。

そういった理由で、逆に管理費や共益費といって分けてくれている方が良心的なのかもしれませんね。

本当に管理してくれているのか?

管理 オーナー メリット
管理費や共益費を取られなかったとしても、基本的に共用部分の掃除など定期的にやっているのが一般的です。

因みに僕が今住んでいるアパートは、週に1回エントランス部分や駐車場付近、そしてゴミ出し場の掃除をやっている姿を目にします。

家賃もただでさえ安いのに、管理費もないのにちゃんとしてるんだな~と感心しましたね。笑

逆に管理費を払っているのにも関わらず一向に汚いままだったり、エレベーターの点検期間が過ぎていたりと突っ込みどころは満載な物件もあります。

内見などで管理費ありの物件を見に行った際には、そのような共用部分の設備に関しても、注意して見ておく必要があるでしょう。

実際に経験した点検漏れ

点検漏れ ミス
僕が一番最初に入った大学寮でしたが、家賃50000円の他にエレベーター管理費として確か数千円くらい最初に取られていた気がするのですよね。

僕は特に気にしていなかったのですが、同じ寮だった友達が、

「このエレベーター3年前から点検されてないよね?」

とエレベーターの片隅に書いてある点検履歴を指差していました。

結構恐ろしいですよね^^;

寮母さんに抗議しにいったら、渋々点検を入れたというお話ですが、バレなかったり見ていなければ何もしなくていいという管理人もいるのだなということを実感しました。

結局は従うしかないのか

従わない 方法
家賃のこと、敷金礼金そしてこちらの管理費まで色々と調べてみましたが、結局は借りる立場だということを忘れずに。

結局人気な物件であれば、どんな値引きも通じつ、納得いかないなら他の物件をどうぞと言われるだけですからね。

もちろん自分が見つけた良い物件だったり、条件が合っているのであれば妥協してでも住むべきでしょうし、完璧を求めたり値下げをし過ぎたりすると逆に良い物件がどんどん埋っていく可能性だってあります。

万人にかかってくる費用ですが、あまりお金のことばかり考えていても理想の家には絶対住めませんからね。

ある程度の折り合いで、納得できる物件を探してみてはいかがでしょうか^^

引っ越す予定なので色々と調べてみました。笑

賃貸で必ずネックとなる敷金と礼金の役割と本当に払う必要あるのか?

賃貸 マンション アパート

賃貸 マンション アパート

賃貸を新しく借りる際には、敷金・礼金・そして仲介手数料などがかかってきます。

敷礼なしという物件もありますが、果たして払った方が良いのかそれとも払わないに越したことはないのか・・・。

どうも、モげをです。

これまで引っ越しを4回ほど繰り返しましたが、未だに敷礼が何に使われているのかよく分かっていません。

借りる立場なので文句は言えないですが、どのように使われていて敷金が返ってくるなどの話も聞きますからね。

その辺を調べて纏めてみました。

敷金と礼金のシステム

手数料
言葉の通りですが、敷金と礼金の意味から調べてみました。

敷金とは?

家賃を滞納した・家の壁など壊した・引越し時の修理、掃除費用として差し引かれるための保険として最初に納める金額。

戻ってくると言われているのは、これらに該当せず退去する際、使われることはほとんどないから。

礼金とは?

オーナーに対して払うお礼金なので、戻ってくることはない。

礼金のみという物件の場合は、後から修繕費など大幅に請求されることもあるので注意。

敷金は預けるという感覚で、礼金は支払うと思っていれば良いでしょうね。

一般的にはそれぞれ家賃の1ヶ月分か2ヶ月分くらいかかりますね。

これらはオーナーや不動産会社が決めている金額なので、どうしても入居させたい場合などはもしかしたら値引きできるかもしれません。

家賃を削ってもらうことは中々難しいでしょうが、こちらの2種類なら削ってもらえる可能性はあります^^

仲介手数料のシステム

仲介手数料 仕組み
仲介手数料って本当に必要なの?と思うかもしれませんが、これは不動産会社の手数料です。

物件のオーナー、大家さんというのは一般的に不動産会社に委託をして入居者を探してもらっているわけですね。

となると不動産会社に連絡をする時点で仲介手数料を払うのは当然ですし、不動産会社の取り分がなくなってしまいます^^;

この仲介手数料は最大で家賃の1ヶ月分と決まっており、それ以上取られることはありませんが結構な負担額になりますよね。

この仲介手数料の仕組としては、不動産会社の社長さんから聞きましたが、不動産業を営んでいる人であれば誰でも間に入ることが出来るらしいのです。

例えば僕が直接ネットで不動産会社に連絡をすれば仲介手数料を全額払わなければなりませんが、その知り合いに電話してもらって家選びを手伝ってもらうだけでその知り合いの方にも50%仲介手数料が支払われるのですね。

自分の払う金額は変わりませんが、まあせっかくなら知り合いの利益にもなって欲しいし、ご飯を御馳走してくれるかもしれませんよね。笑

また僕の知り合いが引っ越す際も、その不動産の社長さんを紹介できるので、もし知り合いがいて引っ越しを考えているのであれば、声をかけてみてはいかがでしょうか。

敷礼なしは危険?

敷金 礼金 無し 無料
仲介手数料は絶対に払うことになるでしょうが、物件の中には敷金と礼金が必要ないというところも探すとあるでしょう。

何故そのような最初に貰わなくていいのか・・・というと、単純に人をどうしても入れたい不人気な物件ということになるのではないでしょうか。

例えば家賃5万円の敷金礼金それぞれ2ヶ月分だとして、入居時に20万円払わないといけません。

ただそれがネックになって入居しないと、1年間住んでくれるであろう見込み60万円の家賃を失うこととなるのです。

賃貸で一番マズいのは入居者が決まらずに閑散期に入ってしまうこと。

そうなると不人気な賃貸は家賃が安くなったり、敷金や礼金はいらないよとなってくるわけですね。

ただ注意点として、例えば単身赴任や短期で家を借りたい場合、敷礼なしというのは魅力的ですが、その他かかる費用や退去時の決まりごとにはシッカリと目を通すこと。

鍵交換や火災保険だけで5万円近く支払わないといけなかったり、退去時に1ヶ月分は最低払うなど思わぬ落とし穴があることも多いです。

危険・・・とまでは行かないでしょうが、何かしら思惑があって敷礼なしにしているはずですので、契約時にしっかりと確認しておきましょう。

退去時に返還される敷金はある?

敷金 礼金 返ってくる
敷金は返ってくると書きましたが、僕自身今まで貰ったことは全くありません・・・。

まあ借りた時に礼金のみだったり、敷金で修繕などに使ってしまったりと本当かどうかはわかりませんが、なくなったみたいです^^;

ただこの敷金返還は自分から言わないとわざわざ余ったから返しますと連絡が来ないのは間違いありません。

そして基本的にどのような状態だったら敷金が全部返ってくるのかというと、入居時と全く同じ状態(原状回復)だった場合です。

1年や2年でも住むと当然どこかしらに傷が付くかもしれませんし、部屋でタバコなど吸ってしまえば間違いなく壁紙を全部張り替えないといけませんよね。

ここでのポイントは退去時に掃除して綺麗にしておくことと、立ち会いの際におかしい部分があればちゃんと指摘すること。

明らかに過失があるような傷や不具合などでない限りは、基本的に借り主は費用を負担する義務はありません。

僕も正直今住んでいるところの敷金がいくらだったかも全く覚えていませんし、毎日気を使いながら生活しているわけでもありません。

ただ返ってくるはずのお金が貰えないとなると流石に嫌なので、退去時には賃貸契約書を見直して敷金の話をしようと思っています。

まあ、何だかんだ色々理由を付けて費用を負担しろと言われるでしょうが・・・笑

引っ越しの場合にはこの敷金・礼金、そして仲介手数料なども考慮して物件を探してみましょう!

賃貸の相場と安くなる方法!都会と田舎で差があるのか調べてみた

田舎

田舎

実家や一軒家でない限り、マンションやアパートなど絶対に借りる必要があります。

どうせなら安く住みたいですよね。

どうも、モげをです。

僕は18歳高校卒業から1人暮らしを始めましたが、これまで4回の引っ越しを経験しました。

ほとんどが賃貸だったので、その相場ともし都会だったらどうなるかなど賃料に関してどれくらいが適切なのか考えてみました。

家賃の相場と適正価格は?

住宅ローン
1人暮らしを始めるとなれば、必ず賃貸を借りることになります。

結婚してマイホームなどでない限り基本的に何かしら物件を探すことになると思いますが、安くて広いに越したことはありませんが結局は利便性を重視するべきなのかなと思います。

それぞれのライフスタイルに合わせて家も変わってきますので、自分がどのような環境にいてそれがどれほど続くかを一番重視すべきでしょう。

例えば大学に通うとなれば、間違いなく大学の近くを選択すべきだと思いますし、仕事の職場にもなるべく近いほうが良いですね。

都会と田舎で支払う金額は変わってくるでしょうが、基本的には大体5万円前後ということになるでしょう。

金額 選べる
1万円、2万円 オンボロ、訳あり
3万円前後 ◯◯荘、コーポなどアパート
4万円前後 アパート、小さなマンション
5万円前後 そこそこマンション
6万円前後 立地良しor部屋良し
7万円以上 リッチな生活

僕的にはこのような印象なのですが、いかがでしょうか?

まあ僕は福岡・広島でしか住んだことがないし、東京などであればまた考え方が変わってくるのでしょうが^^;

ただ都内は高いということを言ってますが、それは立地をその時点で選んでいるという考え方をすると良いでしょうね。

個人的には東京に住むことも多少は検討しましたが、それだったら埼玉や千葉など少し離れて良いところに住みたいなと言う感覚があります。

僕が実際に住んだ広さと金額

何畳 1K 1LDK 1L
今までに4件ほど物件を借りましたが、それなりに高い部類で選んだんかなと言う印象です。

種類 広さ 家賃
大学寮 1K6畳 50000円(朝、夕食付き)
大学近くアパート 1K8畳 42000円
職場近くマンション 1K8畳 59000円
広島アパート 3DK26畳? 55000円

一目瞭然だと思いますが、今住んでいるところが一番の格安です。笑

まずは大学寮、食事付きで安かったのですが・・・寮の食事って全然美味しくないのですよ^^;

大学も近かったし個人的には良かったのですが、あこがれのちゃんとした1人暮らしをしたくて1年でアパートへと引越ししました。

最初のアパートはまあ、適正価格でしょうか?

これが都内であればこの時点で6万円前後かかるかもしれませんが、全く不満なく暮らしていました。

長く住むことも考えましたが、大学中退後フリーターとして大活躍するために職場近くへと引っ越しを決意しましたね。

職場というのはパチンコ屋のバイトですが。笑

パチンコ屋が密集している商店街近くのマンションだったので、立地良しマンションで部屋も綺麗。

そうなると多少ランクが上がってきて6万円近くまで来てしまいました・・・。

訳あって、今は広島の田舎で暮らしているわけですが、賃貸を選ぶ際にビックリしましたよ。

現状住んでいる自宅兼事務所ですが、55000円で更には駐車場付きです。

圧倒的に安いでしょうし、うちに来た人は皆驚いていて不動産の社長さんですら、こんなに環境良くて安い物件はないというくらいですからね。

都会に住んでいる人はビックリでしょうが、僕みたいなフリーランスは住んでいる場所関係なく仕事が出来ますのでやはり家賃が安いに越したことはありません。

とはいってももうすぐ引っ越すかもですが。笑

契約時に賃料を安くする方法

交渉 術
何回も物件を探した経験からお話すると、繁盛期に値切ったり安い物件を探すことは中々難しいと思っていたほうが良いです。

新生活といえば、4月からなので1月~3月は正直どんどん物件が決まってくる時期なので不動産も値引きに応じる必要はないということになります。

一番引っ越しとしてベストで、値引きを受け入れてくれる時期としては5月6月くらいでしょうか。

長く住むことになる場合は、出来れば家賃を下げたいと思うところですが、結局僕は3回とも交渉失敗・・・というよりも全て4月からの入居なので最初から無理だったということですね^^;

もし安くしたい、交渉したいなど考えている場合には、時期を選んで探すということを考えておくと良いでしょう。

お給料に対してどれくらいが相場?

給与
学生の場合は基本的に親が出してくれるということですが、社会人であれば当然自分で家賃を払っていくわけです。

となると気になるのはどのくらいのお給料を貰っていると、ある程度家賃にお金を使ったら良いのか?

最適な割合は「手取り月収」の3割
参考:スマイティ

このような記事を参考に考えてみましたが、手取りの3割がベストではないかということ。

15万円手取りの人は、5万円前後の家賃。そして20万円手取りの場合は6万円前後と。

確かに言われてみれば、そのくらいだったら大丈夫かな~という目安にはなりそうですね。

家賃は必ずかかってくる費用ですが、なるべくなら生活を豊かにするため若いうちは安いところに住むことをおすすめしますよ。

家賃や光熱費など、ちょっとした妥協や節約を意識することにより数年間で100万円くらい貯金が可能ですからね。

いい家に住むにはその後でも良いのかなと個人的には思います。

僕は・・・もうすぐ10万円越えの家に住むと思いますが、事務所兼ですからね。

自宅に力を入れたい場合は、稼ぐか節約を身につけるしかないのかなと考えています。

稼ぐ力、節約を身につけるためのメルマガ

水道代があまりにも高いので料金の相場や安くする方法を考えてみた

下水道

下水道
光熱費で一番負担にならない水道。

節水・節約を考えているわけではなく、またもや驚愕の数値が来ましたので、ビックリです。

どうも、モげをです。

今年の冬は寒いのは当然ですが、自炊をしているということと、スタッフの出入りが多いということで全体的に光熱費が上がってきました。

電気やガスに加えて最後の砦だった水道代まで結構請求が来るのでした・・・。

水道は会社など選べない?

水道会社
電気やガスに関しては、それぞれの会社を比較して選ぶことが出来ますが、水道に関しては地方の水道局での契約となりますので、特に選んで値段が変わるということはありません。

水道代の請求は2ヶ月ごとに行われていて、基本的には水道料金下水道使用量の2種類が合算されて請求されていますね。

水道料金 基本料金+従量料金
下水道使用料 基本料金+超過料金

このように基本料金が決まっており、余程特殊な環境や家出ない限り基本料金はそこまで高くないでしょう。

水道料金 約1500円+α
下水道使用料 約1500円+α

2ヶ月でとりあえず最低3000円くらいはどの家でも支払うことになるでしょう。

その基本料金にプラス使用量に応じてかかってくるということですね。

ということは、やはり水道代を安くするには節水を心掛けるしかないということになります。

節水できるポイント

節水 節約
普段の生活で水を使う場面をとりあえず考えてみました。

  • トイレ
  • お風呂
  • 洗濯機
  • 洗面所
  • 台所

それぞれの場所にて節水を意識することにより、毎月の負担額が減るとなれば少しずつでもやっていく必要はあるかなと思います。

トイレの節水

一回に流す量は、大小で管理されていますので、可能な限り小を使うということがまずは節水に繋がるでしょうね。

そして良く聞くのが、タンクに水を入れたペットボトルを入れてカサ増しをするという方法ですが、故障の原因にもなりますのでオススメ出来ないようです^^;

普通のトイレだったら節水型トイレに丸ごと変える作戦もありますが、賃貸だとそれは難しいと思いますので、このような簡単トイレ節水グッズもオススメです。

お風呂の節水

お風呂はためていますか?

シャワー派の人もいるでしょうが、僕は夏以外基本的にお風呂ためてゆっくりする派です。

そして実はシャワー流しっぱなしが一番水を消費しているのです。

それだったら、お風呂をためて、洗う時は基本的に浴槽のお湯を使って最後に軽く流すなどした方がお得になるということです。

15分以上シャワーを流している ためた方がお得
10分以内でシャワーが終わる シャワーがお得

男だったらそこまで長くシャワーを流していることはないですから、シャワーでもそこまで問題ないでしょうが女性の場合は浴槽に貯めたお湯を使った方が良いでしょうね。

ただし、個人的にはそこまで変わらないし洗っている最中にシッカリとシャワーを止めることを意識することが一番ではないでしょうか。

ストップボタンも付いており、水圧も調整できるシャワーヘッドに交換することはおすすめできます^^

洗濯機の節水

洗濯機の場合やれることは2つです。

節水してくれる良い洗濯機を購入するか、お風呂の残り湯を使うかでしょう。

もちろん洗う回数を減らすことが一番ですが、僕のところではおそらく週1くらいでしか洗濯していません^^;

お子さんがいたり、何かスポーツなどやっている場合には洗い物がドッサリ来るので下手したら毎日フル稼働しないといけない場合もありますよね。

そうなるとまとめ洗いをするといっても、いつもやっているよ!となってきますので、洗濯が多い人ほどどちらかの対策は取るべきでしょう。

流石に洗濯機を買い換えるとなると大掛かりになりますので、万能で使えるお風呂ポンプがあると良いでしょう。

1人暮らしだと使うことはないでしょうね^^;

洗面所の節水

顔を洗う、歯磨きをする洗面所ですが、こちらもシャワーと同じように水を流しっぱなしにしないということが一番大事です。

これといって対策らしい対策はあまりないみたいですね・・・気持ち程度ですが、蛇口に節水出来るシャワーを付けるなどでしょうね^^

台所の節水

台所は自炊をするのであれば、結構使うことが多いです。

最近僕も自炊をすることにより光熱費が水道代含め跳ね上がったことは間違いありません・・・。

台所では一番水を使う機会は洗い物でしょうね。

普段の料理のときは、水を使うことは仕方ないですが洗い物をする際には色々と工夫すべきです。

食事が終わったら大きな桶に水を貯めておき、その中に洗い物を突っ込むことをおすすめします。

どうしても汚れが固まったり乾燥すると洗う時に大変ですからね・・・。

そうやって水につけておくことにより、サッと洗えて自然と水を使わずに済むと思います^^

僕の家では、浄水器を使っていますが節水効果も見込めるので出来れば付けたいところですね。

カートリッジなど交換する必要はありますが、パスタ茹でる際などに多少は安心。

ミネラルウォーターなど毎回使うのはちょっとハードルが高いです^^;

支払いはクレジットで!

クレジット リボ払い 分割 一括
水道局によって支払い方法が決まっている場合もありますが、可能であればクレジットカードで決済することをおすすめします。

因みに僕のところでは2017年、年間で水道代が以下の通りで支払いました。

支払い金額
1月2月 6000円
3月4月 6000円
5月6月 7000円
7月8月 5000円
9月10月 6000円
11月12月 10000円
合計 40000円

僕のところではクレジット対応しておらず口座振替にしていますが、可能ならクレジット払いをおすすめします。

基本的にポイント還元が1%付いていることが多いので、何もしなくても400円お得。

微々たるものですが、チリも積もればですので一度聞いてみてはいかがでしょうか。

光熱費を浮かせるために

家計簿 光熱費
いかがでしたでしょうか?

今までは特に気にすることは無かったのですが、最近あまりにも光熱費が高いのでそれぞれ調べてみたわけです。

電気代があまりにも高いので節電や目的別の金額を調べてみた!

ガス代があまりにも高いので節約する方法とかかる費用を調べてみた!

ガストと電気に関しても色々と考えてみたので、合わせてご覧頂けると幸いです。

結局全てに通じることは意識を持つことと対策できるグッズを揃えること。

この2つさえ考えれば圧倒的に光熱費を落とすことが出来るでしょう。

これらの記事を参考に少しでも余裕を持ってもらえると幸いです。