f:id:mogemogewo:20180118194743j:plain

話には聞きましたが酷いみたいですね。

どうも、モげをです。

ビットコインを始めとする仮想通貨が先日大暴落して大変な目にあったという話が話題となっていました。

からしたらやっぱりね~と思うのですが、何故そのように思ったか僕が仮想通貨に手を出していない理由をお話します。

仮想通貨ってどんな投資なの?

f:id:mogemogewo:20180118194837j:plain

仮想通貨というものは、その名の通りですが紙幣などのお金に変わる新しい通貨としてどんどん話題となっていました。

例えば1万円という現金があったとして、それを新しい形、何かしらの資産に変えておくことの出来る手段の1つですね。

株=株式会社保有で会社の業績により変動
FX=為替でドルなど時期により変動
不動産=地価や場所によって変動
仮想通貨=FXに近く時期により変動

これら全ては投資の手法として知られており、儲かるという人もいれば、失敗する人もいるという状況でしょう。

そしてこの仮想通貨が話題なのは、相場がどんどん上がってきていたからですね。

本腰を入れて企業などが広告を売ったり仮想通貨ビジネスに参入してきたためか、Google広告が軒並み仮想通貨だらけになって表示されています。笑

仮想通貨自体の需要も調べてみましたが、2017年10月くらいから一般的にも認知されてきて、皆興味を持ってきたのでしょう。

f:id:mogemogewo:20180118200806j:plain

仮想通貨の高騰が大体2017年の1月過ぎくらいから始まり、ビジネスや投資に敏感な人達が2017年5月らへんから興味を持ち、そして2017年10月には爆発したという検索の需要からも流れが把握できます。

ただそれだけ興味を引いた矢先に暴落のニュースですから・・・昔からやっている人は暴落も見極めている可能性もありますが、一般的に認知した10月からじゃたった3ヶ月しか経っていないですからね。

下手に手を出した人はすぐに損してしまった可能性があります。

基本的に知っておくべきなのは相場感

f:id:mogemogewo:20180118195104j:plain

投資するにも何をするでもそうですが、必ず価値には相場というものが存在します。

需要と供給のバランスの話になってきますが、要は欲しい人がいっぱいいればそのモノ自体の価値が上がっていきますし、そういった興味が全くなければ上がることはありません。

今まで生きてきた中で、相場を肌で感じた人は果たしているでしょうか?

もちろん学校の授業では教えてくれませんし、相場を読んで生きていけという教育をする家庭も少ないと思っています。

じゃあその相場感をどうやって身につけるのということになれば、やはり何かしらの売買を経験していく必要があるということです。

そこで一番やりやすくて、身近にある売買というのが物販だということです。

www.mogeburo.com

先日記事を書きましたが、メルカリやヤフオクで個人売買が盛んな時代ですが何か物を売る時って必ず相場見ますよね?

「どのくらいで取引されているのか」

「どんな値段で設定すれば売れていくか」

「そもそも本当に売れるのかな?」

僕は物販やネットビジネスを本業として、会社運営をしていますが、もちろん物販メインなので毎日相場を見ているわけです。

1つ1つの商品の需要や値段の相場、そしてライバルの状況などを毎回考えながら販売を続けて利益を出しています。

その経験をしていれば、実際相場感というのは自然と身についてくるものです。

じゃあ、今までは家電やおもちゃ、服などを販売していたけど、それを1年スパンで上がる予想をする、見込みで買っておくというのが投資です。

難易度で言えばただ単に物を売るよりも遥かに高いし、リスクの部分をそもそも理解できないでしょう。

だから相場感を身につけていないと、周りの情報だけに踊らされて失敗するというわけなのです。

本当に損しない資産運用は?

f:id:mogemogewo:20180118195202j:plain

僕自身は仮想通貨、株、FXなど資産運用にはまだ手を出していません。

その理由は物販でも十分運用できるし、そんな大金回す余裕が今無いからです。

まず物販で運用できるというのは、分かりやすく説明すると季節家電ですかね。

この記事を書いているのが1月で真冬ですが、今扇風機などって使っている家庭ありませんよね?

当然ですが、リサイクルショップなども邪魔だなと思い、倉庫に眠らせているか早く売るために値段を下げているのです。

もしリサイクルショップで日立の扇風機が1000円で売られていたとして、冬場に買って夏場に売るということをすればプチ資産運用が出来るわけです。

物販に慣れている人、商売をしたことがある人なら分かるのですが夏になれば問答無用で売れますからね。笑

じゃあ10万円そこらのお金だったら、価値が上がりそうな物に投資して売買する方が遥かにリスクが少なくなるのです。

因みに僕んちの押し入れには大体200万円くらいの物が詰まっています。

1万円の物もあれば、1000円で買ったものもありますが、1年間で寝かせて価値が上がるのを待っている状態です。

ポテンシャル的に1年間寝かせると200万円⇒300万円には最低でもなると踏んでいますが、それは僕が物販を長年経験しているからわかることですよね。

ということは何の投資をするためでも、ある程度の経験が必要になってきてそれまでは勉強代として考えるしか他ありません。

例えばFXであればデモトレードといって、実際にお金を使わずシュミレートする方法もありますし、いきなりお金を使うことがないわけです。

ただ仮想通貨など買っている人は、何を根拠にして買っているのでしょうか?

今上がり続けているから今買えば大丈夫?

その根拠が明確に話せないと実際ただのギャンブルをしているに過ぎませんからね。

僕が200万円分の商品を買って押し入れで眠っている資産は、当然ですが1種類ずつ全て明確な理由を説明できます。

「何故これを買っているのか?」

「何故1年後にあがると見込んでいるのか?」

「下がるって損するリスクはあるのか?」

僕はこれらを誰にでも納得出来るように説明する自信があるから、お金を資産に変えて投資しているわけです。

そういった意味でも、不用品販売でも構わないから物を売買するという経験を持った方が良いのではと僕は思います。

家にあるものを売ったり売れそうな物をちょっと買い込んだりと下手な投資よりも全然リスクはないですよ^^

お金だけでなく投資スキルが必要不可欠

f:id:mogemogewo:20180118195404j:plain

大金を回す余裕はないと書きましたが、実際には200万円くらい動かさないお金を物に変えてますからね。

僕の考えとしてはその余剰金が1000万円を越えてこないと大きな投資はする意味がないと思っています。

それは他の人と違い、物販のスキルがあるから、それが一番リスク無く資産運用出来る方法だと知っているからです。

ただ1000万円を越えた物を買い込むと当然倉庫なりスペースは必要になりますし、流石に商品選びも苦労してくるようになるでしょう。

その段階で初めて、FXや株、不動産などの額をある程度上げても良いような投資を学んでいこうかなーと思っている形ですね。

結局はお金があっても投資するスキルといいますか、自分で見極めできる能力が必要になってくるということです。

相場感を見極めて、上がる根拠と下がるリスクを天秤にかけて、初めて投資することが出来るのではないでしょうか。

偉そうに言ってますが今忙しくて仮想通貨など手を出す暇がないだけでした。笑

ただ物販を学んだからこそ、この先投資しても失敗しないだろうなという自信がついたことは間違いないでしょう。

今の若者は意外とそのようなネット売買を駆使しているので、もしかしたら子供の方が投資は失敗しないのかもしれませんね。